愛知県刈谷市の逢妻川で男子高校生が行方不明~「けんかがあった」との説明も

愛知県刈谷市逢妻(あいづま)町の逢妻川で6月6日夜、15歳の男子高校生が川に入ったまま行方不明となり、警察や消防などで川を捜索しています。

6日午後11時頃、刈谷市逢妻町3丁目の逢妻川で、「友人が溺れて姿が見えない」と一緒にいた友人から110番通報がありました。

警察官が駆けつけると、現場に少年少女5人がいたといい、刈谷市内に住む15歳の男子高校生が川に入った後、姿が見えなくなったと説明したということです。

少年らは「高校生とけんかがあった」とも説明しており、男子高校生について「自分で靴を脱ぎ、ベルトを外して川へ入っていった」と話しているとのことで、警察は消防と捜索を続けるとともに、一緒にいた少年らに事情を聴き、事故と事件の両面で調べています。

行方不明となった男子高校生は身長168センチぐらいでがっちりとした体格、白色の長袖シャツと赤色のズボンを着ていたということです。

関連記事

愛知県刈谷市の逢妻川で男子高校生が行方不明の事件~集団暴行で少年3人を逮捕

愛知県刈谷市の集団暴行事件~逢妻川で行方不明だった吉田達哉さんの遺体を発見

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です