花粉シーズン、早めに終了か!?

花粉症に苦しむ人にとっては朗報でしょうか。

気象情報会社ウェザーニューズが、今年の花粉の飛散が、全国的に昨シーズンより1週間程度早く終わるとの予想を発表しました。

我慢もあと少しか

同社は、4月後半は平年より暖かい日が多くなると予想しているらしく、スギ・ヒノキ花粉のシーズンは4月末~5月初めをめどに終了すると見ているそうです。

また、シラカバ花粉が飛ぶ北海道は6月中旬で終了とのこと。

しかし、「シーズンは早めに終わるが、4月中は大量飛散となる場合もある」として、注意も呼びかけています。

決して油断はできませんね。

今年の花粉飛散量

今シーズン全体の花粉飛散量も、これまでの飛散量を考慮して算出されています。

それによると、関東から東海を中心に昨シーズンの1.5~2.5倍多い見込みだということです。

関東に関しては、例年よりも飛散開始が2週間遅く、飛散終了が1週間早くなり、さらには飛散量が昨シーズンの2倍前後になるという「短期集中型」になるとのこと。

一方、西日本を中心に昨シーズンより少ない見込みのところも。

特に、四国や九州は昨シーズンの4割程度になりそうとのことです。

地域によってもバラつきがあるんですね。

乗り切ろう

花粉シーズンも終わりが見えてきました。

この予想通りに、早めにシーズン終了となればいいですね。

花粉症の方、もうひと踏ん張りですよ!

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です