米田孝行容疑者を逮捕~枚方市の京阪本線踏切に自転車放置

大阪府枚方市京阪電鉄の踏切で11月14日、自転車を放置して特急電車に衝突させたとして、警察は15日、近くに住む49歳の男を逮捕しました。

電汽車往来危険と威力業務妨害の疑いで逮捕されたのは、枚方市枚方元町の無職、米田孝行容疑者(49)です。

警察によりますと、米田容疑者は14日午後9時25分頃、枚方市枚方元町の京阪本線段田踏切内に自転車を放置し、出町柳発淀屋橋行きの特急電車(8両編成)に衝突させた疑いが持たれています。

乗客にけがはありませんでした。

周辺の防犯カメラの映像などから米田容疑者の関与が浮上したということです。

調べに対し、米田容疑者は「飲み屋の借金のことでイライラしていて、すっきりすると思ってやった」などと供述し、容疑を認めています。

枚方市内の別の踏切では10月に2度、同様の接触事故が起きていて、米田容疑者が関与をほのめかす供述をしているということで、警察が関連を調べています。

現場周辺地図

大阪府枚方市枚方元町 段田踏切

関連記事

米田孝行容疑者を逮捕~枚方市の京阪本線踏切に自転車放置-Twitterの反応

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です