警視庁巡査の後藤良弥容疑者を逮捕~飲酒運転事故で女性に身代わり依頼

飲酒運転で追突事故を起こし、友人の女性に身代わりを依頼したとして、千葉県警は7月2日、警視庁巡査の21歳の男を逮捕しました。

過失運転致傷と犯人隠避教唆の疑いで逮捕されたのは、千葉県船橋市北本町の警視庁荻窪署地域課巡査、後藤良弥(ふみや)容疑者(21)です。

後藤容疑者は6月11日午前1時頃、船橋市東船橋5丁目の国道296号で、ワンボックスカーを運転中、信号待ちをしていた乗用車に追突し、乗用車を運転していた東京都江戸川区の会社役員の男性(37)に軽傷を負わせたうえ、同乗していた友人の保育士の女性(22)に身代わりを依頼し、駆けつけた警察官にうその申告をさせた疑いが持たれています。

事故の2日後、後藤容疑者が父親と上司に付き添われて警察署に出頭し、その後、容疑が固まったことから、過失運転傷害と犯人隠避教唆の疑いで逮捕となりました。

後藤容疑者は10日夜、千葉県鎌ケ谷市の居酒屋で友人6人と酒を飲み、千葉市の海岸に花火をしに行く途中だったということです。

調べに対し、後藤容疑者は「飲酒運転をして、怪我をさせる事故を起こし、友人に身代わりを依頼した」などと供述し、容疑を認めています。


 警視庁巡査が友人女性を”身代わり”に 飲酒で事故


Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です