名古屋工業大学准教授の伊藤宏容疑者を逮捕~妻に暴行し重傷負わす

愛知県知立市で、妻に殴る蹴るの暴行を加え、全治3か月の重傷を負わせたとして、警察は11月12日、名古屋工業大学准教授の53歳の男を逮捕しました。

傷害の疑いで逮捕されたのは、知立市昭和2丁目の名古屋工業大学工学部准教授、伊藤宏容疑者(53)です。

警察によりますと、伊藤容疑者は10月25日午後9時半頃、自宅の居間などで、看護師の妻(50)の頭や腹などを殴ったうえ、床に倒して膝で背中に飛び乗るなどして、あばら骨を骨折させるなど全治3か月の重傷を負わせた疑いが持たれています。

妻がパソコンを隠したことに腹を立て、言い争ううちに、エスカレートしたということで、今月2日、妻が警察に相談したことから発覚しました。

伊藤容疑者は妻と高校生の娘の3人暮らし、暴行の様子は娘も目撃していたということです。

調べに対し、伊藤容疑者は「けがをさせたのは事実だが、もみ合っているうちに膝が当たっただけ」などと供述し、容疑を一部否認しています。

妻は「数年前から月に1度は暴力を受けていた」などと話していて、警察は、ドメスティックバイオレンス(DV)を繰り返していた可能性があるとみて調べています。

現場周辺地図

愛知県知立市昭和2丁目

関連記事

名古屋工業大学准教授の伊藤宏容疑者を逮捕~妻に暴行-Twitterの反応

ニュース動画

53歳准教授 頭、腹殴り、背中に飛び乗り・・・妻大けが

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です